2013年4月22日月曜日

演習林入山式


 入学式、ガイダンスが終わり、4月15日の週から授業が始まりました。18日には、アカデミー演習林内にある「山の神」において入山式が行われました。これから本格的に始まる実習を前に、演習林での安全祈願のために執り行われているものです。

 
 森林文化アカデミーの学生、教職員、森林研究所の職員の皆さんをあわせ、60人以上多数の参加がありました。特に、新しく購入されたナタや手ノコを持参した1年生の参加が多く見られました。また、当日涌井学長と面談のあった正村林政部長、荻巣恵みの森づくり推進課長も出席されました。
川尻先生の祝詞
涌井学長の御玉串奉納
クリエーター科2年 中嶋さん
 最初に、川尻先生の祝詞があり、その後、御玉串の奉納を涌井学長、そして各代表者の奉納と、それに合わせて二礼二拍一礼を行いました。
 儀式が終わったところで、するめや甘酒をいただきました。
  1年間演習林での実習が安全に行われるよう祈念し、下山をしました。 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿